名古屋市事業承継支援「BATON!」

本事業は、「つなげたい人、つながりたい人」のために、名古屋市が推進する『事業承継支援プロジェクト』です。
経営者と承継・創業希望者がともに考える学びの場にあなたも是非ご参加ください!

トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ
 
  経営者と承継・創業希望者に向けた合同部会を全6回開催。
  プロジェクトの三期目となる平成28年度の「なごや承継大学」は、さらにパワーアップ!
  実際に承継を経験された企業・商店の皆さんをゲストにお迎えし、より実情に則したお話を
  聞ける講座を目指します。
  ● 第一期活動報告はコチラ   ● 第二期活動報告はコチラ

事業を継がせる側の現経営者 事業承継する側の承継・創業希望者

【日 時】 平成28年6月スタート(全6回)
【場 所】 第1〜3回目と第5〜6回目は伏見・豊島ビル11F
        ※第4回目は現地視察
【受講料】 無料

  【会場】 伏見・豊島ビル11F
 
〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-15


 (アクセス) http://www.cpc.or.jp/mg/mg_access.html
 ・地下鉄「伏見」駅1番出口より徒歩5分
 ・駐車場はございません。
【第三期専任講師】
株式会社V字経営研究所 代表取締役 酒井英之さん
【プロフィール】
慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業株式会社に入社。同社がミシンから情報機器メーカーへとV字回復する一翼を担う。2014年に戦略コンサルタントとして起業。企業が抱える新商品開発などの課題解決を指導。現場に入り込んで成果が出るまで粘り強く指導する姿勢に経営者・幹部のファン多数。
第二期に引き続き専任講師としてお迎えし、受講生の皆さんと一緒に承継問題を考え、アドバイスをいただきます。

 
  
途中参加可能!
                    第三期講座のご案内

平成28年6月28日(火) 18:30〜 伏見・豊島ビル(名古屋市中区)
体験することで得る価値 「エクスペリエンスエコノミー」
ゲスト@ : 喫茶ライオン 代表 鈴木三奈さん、マスター 鈴木宗浩さん (左)
ゲストA : フリーライター 大竹敏之さん (右)
原材料、製品、サービスというそれぞれの商品の「価値」に加え、顧客の「経験・体験」を、それらに続く「第四の価値」と位置付ける「経験経済=エクスペリエンスエコノミー」。それを提供する「場」をどうデザインするかによって、品質が大きく違ってくる、とされています。
老舗喫茶店が提供し続ける「場」での「体験」について、お話を聞きます。

平成28年7月19日(火) 18:30〜 伏見・豊島ビル(名古屋市中区)
見えざる資産「ありがとうの笑顔」
ゲスト@ : おもちゃのメルヘン 渡辺光男さん (左)
ゲストA : 名古屋おもちゃ病院 副代表 山田孝志さん (右)
子供たちにとって、そしてかつて子供だった大人にとって、思い出が詰まったおもちゃは「記憶」をつないでいく貴重なもの。「記憶」という見えざる資産を最大の価値として、子供たちとの関わり自体を承継していくおもちゃ屋さんですが、大型店舗等の出現など厳しい経営が続いています。創意と工夫で経営を続けるおもちゃ屋さんと、子供たちの「記憶」をつないでいくために、ボランティアでおもちゃを修理する団体の副代表に、お話を伺います。

平成28年9月27日(火) 18:30〜 伏見・豊島ビル(名古屋市中区)
顧客との長期的な関係性を築く仕組み作り
ゲスト@ : てらしま薬局 寺島健二さん (左)
ゲストA : さんだん會計事務所 代表 近藤智也さん (右)
東区で明治13年から続く薬局。薬学博士でもある5代目店主の元には、おじいさんの代からこの店の世話になっているという人たちも、多く足を運ぶと言います。コミュニケーションに重きを置き、「モノ」を売る前に「信頼」を売る。この店の地域に根差した商売の姿勢と承継スタイルについて、お話を伺います。

平成28年10月20日(木) 9:00〜
様々な事例を学び今後に役立てるための現地視察
【訪問先】 ※訪問先へはバスでの移動となります。
@ 湯谷温泉 はづ別館 (愛知県新城市)
A 長者町トランジットビル (愛知県名古屋市)
B 円頓寺商店街 西アサヒ (愛知県名古屋市)
女将親子がホスピタリティを承継する温泉旅館、オフィス、スタジオ、アトリエ、ギャラリーなど、様々な業種の人たちが情報発信する伏見・長者町トランジットビル、若者が集う場、外国人観光客の誘客など、近年多面的な顔を持つようになった円頓寺商店街を訪問し、あらゆる角度から事業承継を考察します。それぞれの訪問先でお話を伺うほか、講師が同行しポイント解説を行います。

平成28年11月29日(火) 18:30〜 伏見・豊島ビル(名古屋市中区)
現代消費のカタチ「コト消費」
ゲスト@ : ヴァインケラーハシモト(酒屋) 橋本文夫さん (左)
ゲストA : NPO法人ビタショコ 副理事長 伊藤麻美さん (右)
前経営者から承継する際に誰もが考えるであろう、自身が承継する意味。
それは、商品やサービスの本質である「コト・意味」をあぶりだすことによって見えてくることも・・・。
現代消費の新たなスタイル「コト消費」を考えることで、承継の意味について考察します。

平成29年1月24日(火) 18:30〜 伏見・豊島ビル(名古屋市中区)
伝統文化に新しい可能性「受け継がれるDNA」
ゲスト : 天神堂小島印房 小島晋さん、小島崇広さん
伝統文化でもある判子の手彫りは、どんどん機械に取って代わられてきています。
それによって効率化される一方、判子の価値や愛着が薄れていくという側面も。
機械だけでも商売になるところに、あえて手仕事の技を残し伝承することで、新しい可能性を見出している人たちもいます。父の築いた判子の店とその技を、多くの研鑽を積みながら大事に守ってきた2代目と、そこに未来への可能性を発見した3代目に、技の承継についてお話を伺います。
※日程・内容は、やむを得ず変更する場合があります。ご了承ください。

     お申込み受付中!
【お問い合わせ先】

途中参加も可能です!
● 名古屋市 市民経済局 地域商業課 TEL:052(972)2428
なごや承継大学運営 : 株式会社CBCクリエイション、中部マーケティング協会

  

本事業は名古屋市より株式会社CBCクリエイションに業務委託されています。
サイト運営・お問い合わせ個人情報保護方針
Copyright(c) City of Nagoya. All rights reserved.